本文へスキップ

DEEP KICK OFFICIAL WEBSITE

DEEP☆KICK 24DEEP☆KICK 24

2015.2.22 大阪市・アゼリア大正ホール



〈大会概要〉
DEEP☆KICK 24
2015年2月22日(日)
大阪市・アゼリア大正ホール
OPEN 12:30/START 13:00




▼メインイベント2 DEEP☆KICK65kg級タイトルマッチ
△ 憂也(魁塾)
△ 石田勝希(RKS顕修塾)
判定0-1(29-30/29-29/30-30)



ダブルメインイベントの2試合目はDEEP☆KICK65kgタイトルマッチが行われた。王者の憂也は第4回K-1甲子園準優勝の実績を持つ。挑戦者の石田勝希は第2回K-1甲子園3位で現在無敗の連勝街道を走っている。憂也にとって初の防衛戦は容易にはいかない強敵となった。
1R 憂也はゆっくりと前に出てプレッシャーをあたえる、石田は足を使って距離を取り鋭く飛び込んでストレートフックから左ミドルを蹴っていく。憂也はディフェンスしながらもパンチとミドルを打ち返す。終盤に偶発的なバッティングで石田の左まぶたが腫れ上がるが試合は続行、ここで1R終了のゴング。


2R 石田の左まぶたの腫れは次第に大きくなるが 石田はかまわず攻撃を仕掛ける。2Rになり互いのホールディングが目立ちはじめ両者レフェリーから注意を受ける。
3Rに入っても展開は変わらず、両者攻撃をヒットさせるも決定打には至らず試合終了。
ジャッジ一人が手数で勝った石田を支持するも判定0-1のドローで決着つかず、規定により憂也が辛くも防衛に成功した。

※優也がドロー防衛に成功

▼メインイベント1 DEEP☆KICK60kg級王者決定戦
× 上杉文博(究道会館)
○ 山口侑馬(山口道場)
本戦 判定0-1(29-30/29-29/29-29)
延長 判定0-3(9-10/9-10/9-10)


ダブルメインイベントの1試合目は池上が返上した60kg級のベルトをかけてランキング1位の上杉文博と2位の山口侑馬が対戦した。

1R 両者の前回の対戦は1Rから激しく打ち合い山口がKOで上杉を下している。今回は慎重な立ち上がり、お互いが牽制する中、上杉の左ボディフックから右フックで仕掛けた。山口もしっかりブロックして右フックを返す。そこからは2人の殴り合いが始まった。ややパンチが効いた山口だが、すぐに立て直し前に出て大きな左フックを放つ、上杉は足を使って回り込み左ボディフックで応戦する。
2R 上杉は姿勢を低くして左ボディから左フック、山口はパンチからの膝蹴りで一進一退の攻防が続く。後半は両者足を止めての打ち合い、どちらかが倒れてもおかしくない展開。


3R 上杉は膝蹴りが効いてきたのか右手が少し下がってきている。しかし、2人の殴り合いは続く。両者とも引かず、蹴りを忘れたかのように山口は大きなパンチ、上杉はボディへのパンチを打ち込む。判定はジャッジ一人が山口を支持するも0-1とドロー、王者決定戦のため延長ラウンドへもつれこんだ。

EXR 延長ラウンドのコールがされると山口はロープにもたれ大きな叫び声で気合を入れる。
ゴングが鳴り山口が勢い良く前に出て右ストレートから左フックを当てる。上杉は左ミドルを山口のボディに叩き込む。互いにスタミナの消耗は激しく気迫の攻防。互いに激しいパンチラッシュ、山口は更に膝蹴りを多用。残り時間が告げられ観客もヒートアップ。会場の熱気が最高に達したところで試合終了のコングが鳴らされた。

判定は0-3で山口に下され第4代DEEP☆KICK 60kg級王者のベルトが腰に巻かれた。

リング上のマイクで「これで55kg(鈴木真彦)、60kg、63kg(山口裕人)、前65kg(山口裕人)、元70kg(竹野蓮)と全階級を山口道場が制覇しました。関西最強は山口道場です。これからは、このベルトをもって関東も制圧したいと思います。」と語った。

※山口が第4代王者に

▼セミファイナル 60s契約
○ 是枝修平(TeamFreeStyle)
× 伊仙町勇磨(BLA-FREY)
判定2-1(30-29/30-29/29-30)

セミファイナルはDEEP☆KICKを主戦場としている二人のランカー対決となった。

1R 是枝が左右のスイッチと長身からのジャブで伊仙町を牽制する。中に入ってショートパンチを入れたい伊仙町だがジャブと左ミドルで中には入れてもらえない。
2R 伊仙町が強引に中に入って右フックを当てて仰け反らせる場面もあったが、是枝も右フックからの左ミドルで応戦する。
3R 展開的には両者とも決定打が出せないまま進み残り1分で是枝がオーソドックスに戻して打ち合いに応じる。

判定2-1の接戦で是枝がDEEP☆KICKランカー対決を制した。

▼第5試合 55s契約
△ 京谷祐希(山口道場)
△ 雄一(NJKF/TRASH)
判定1-0(30-28/29-29/29-29)

第5試合は武尊を倒したことのある京谷の復帰戦に注目が集まっていた。

1Rは京谷の鋭いストレートが雄一を襲う。パンチのコンビネーションも冴え、足を使って雄一に何もさせない一方的な展開。
2Rになって雄一は蹴りで対抗していく。京谷がパンチを打てば雄一は合わせてミドルキックを返していく。この展開で次第に京谷のパンチの勢いに陰りがみえてくる。
3Rに入ると雄一が前に出て京谷が下がる展開に。京谷も下がりながらパンチを打つが雄一も右ストレートで京谷の顔面を捕らえる。判定はドローに終わったが雄一の打たれ強さが目立った試合となった。


▼第4試合 55s契約
○ 笹木一磨(NJKF/理心塾)
× 鮫島 力(薩摩ジム)
TKO 2R 0'38" ※ローキックでダウン、タオル投入

第4試合はNJKFのランカーとRISEのランカーの対決となった。

1Rのゴングが鳴ると2人同時に前に出て鮫島が左ミドルを放ちパンチ連打で笹木を攻める。笹木は一瞬面食らうも落ち着いてまわりこみパンチを返しながらローキックを当てていく。後半になりローキックが効いてくる鮫島、しかし前進し連打をやめない。
2Rになっても前に出てパンチ連打の鮫島、さがりながらもパンチを返しローを放つ笹木。ローキックが効いてきた鮫島は足を引きずりながらもパンチを繰り出す。チャンスと見た笹木はコーナーに詰めパンチからのローキック、たまらず鮫島がダウン。ここでセコンドからタオルが投げられ笹木がTKO勝利でランカー対決を制した。


▼第3試合 59s契約
○ 祐毅(TeamFreeStyle)
× クロダッシュ(N-FIELD KICK BOXING GYM)
判定3-0(30-28/30-28/30-27)




▼第2試合 54s契約
× ユースケ(TIA辻道場)
○ 藤原良(NJKF/誠至会)
KO 2R 1'57" ※左ミドル




▼第1試合 53s契約
△ 多田愛里(多田ジム)
△ AYA(N-FIELD KICK BOXING GYM)
判定1-1(30-29/29-30/30-30)





〈オープニングファイト〉


▼OP第9試合 TOP☆RUN65kg級王者決定戦
× 市橋賢(M-FACTORY)
○ 口丸海斗(伊藤道場)
TKO 2R 1'58" ※2ダウン

口丸が第6代王者に

▼OP第8試合 TOP☆RUN GIRLS 48kg級タイトルマッチ
× 安村可麗(修和館)
○ 佐藤 凜(真我館)
判定0-2(29-30/29-30/30-30)

佐藤が48kg級初代王者に

▼OP第7試合 TOP☆RUN55kg級タイトルマッチ
○ 多根嘉帆(直心会)
× 新谷洸大(NJKF/健心塾階道場)
判定3-0(30-28/30-28/30-28)

多根が初防衛に成功

▼OP第6試合 TOP☆RUN50kg級タイトルマッチ
× 政所椋(魁塾)
○ 井上夕雅(伊藤道場)
判定1-2(29-30/29-30/30-29)

井上が第10代王者に

▼OP第5試合 TOP☆RUN45kg級王者決定戦
○ 黒川佑哉(NJKF/健心塾)
× 安村綺麗(修和館)
判定3-0(30-27/30-27/30-28)

黒川が第7代王者に

▼OP第4試合 TOP☆RUN40kg級タイトルマッチ
○ 田中将吾(隆拳塾)
× 峯 大樹(魁塾)
判定3-0(30-27/30-27/30-27)

田中が初防衛に成功

▼OP第3試合 TOP☆RUN35kg級王者決定戦
× 濱田祐生(山口道場)
○ 北野峻平(拳心會館)
判定1-2(29-30/28-30/30-29)

北野が第9代王者に

▼OP第2試合 TOP☆RUN30kg級タイトルマッチ
○ 村上龍世(龍栄武館)
× 山口瑠(拳心會館)
判定2-0(30-29/30-29/30-30)

村上が2度目の防衛に成功

▼OP第1試合 NEXT☆LEVEL提供試合35kg級
× 森川成登(JKF/昇龍會)
○ 伊藤柚姫(伊藤道場)
判定0-3(19-20/19-20/19-20)


〈お問い合せ〉
DEEP☆KICK事務局
06-6632-5366(株式会社フリークス内)

〈主催〉
DEEP☆KICK実行委員会


ナビゲーション

TOP PAGE RESULT RANKING KINGS LINKS DVD

サイト情報

DEEP☆KICK
Official Website