本文へスキップ

大会結果RESULT

DEEP☆KICK 13

DEEP☆KICK13

TERESA presents DEEP☆KICK 13
2012年 11月25日(日)
大阪市・アゼリア大正
OPEN 12:15/START 12:30
DEEP☆KICK13

▼第10試合 ダブルメインイベント2
関西最強55kgタイトルマッチ 3分3R
○ 六川星矢(北斗会館/2011RISING ROOKIES CUPバンタム級優勝 /王者)
× 中務幸信(MA・多田ジム /挑戦者)
判定3-0(30-28/30-27/30-26)中務 1Rダウン1回
※六川が初防衛に成功
DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13

メインイベント2は関西からDEEP☆KICK55kgのベルトを長野に持ち帰った北斗会館の六川星矢とベルトを掛けた決勝戦で負けた多田ジムの中務幸信のリベンジマッチとなった。
1R、先手を取って主導権を掴みたい中務が大きな左右のフックで攻めて行くが六川はパンチをしっかり見て距離を取っていく。 後半に中務のラッシュでコーナーに追い詰められたと思ったところ、六川が左フックをカウンターで合わせてダウンを奪う。
2R、ポイントを取り返したい中務が前に出るも六川は冷静にリングを大きく回りながら前蹴りとジャブで攻撃をかわしていく。
3R、後がない中務の攻めに対して六川もKO勝ちを狙ったのか打ち合いに応じて、どちらが倒れてもおかしくない激しい攻防が続く中ゴングが鳴らされ、判定で六川が初防衛に成功した。
六川が来年も防衛戦で大阪に来ますとマイクアピールするとリング下で観戦していた関西の55kgの猛者達が次は俺とやらせてくださいとDEEP☆KICK小松代表に詰めよって行ってたのが印象に残った。


▼第9試合 ダブルメインイベント1
関西最強60kg王者決定トーナメント決勝戦 3分3R(延長1分)
○ 辻出優翔(京賀塾)
× KING強介(ROYAL KINGS)
判定0-0(30-30/30-30/30-30)
延長判定3-0(10-9/10-9/10-9)
※辻出がトーナメントを制し-60kgの2代目王者に
DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13

DEEP☆KICK13メインイベント1試合目は関西最強60kgトーナメント王者決定戦は、今トーナメント優勝候補と目されていた山口侑馬(山口道場)を下し、改めてそのポテンシャルの高さを証明した 辻出優翔(京賀塾)と吉野繁との壮絶な打撃戦を征して決勝へと進んだKING強介との戦い! 2R、途中からオーソドックススタイルにスイッチし局面の打開を図る辻出に対しし果敢に攻めるKING強介。 3Rに入るとKING強介の右ストレートに左膝でカウンターを狙う辻出だったが 互いに一歩も引かぬまま判定へと委ねられた。 判定の結果ジャッジ1名は30-29で辻出を指示したが残り2名のジャッジはいずれも30-30のドロー。 3分1Rのマストシステムの延長Rに突入した。 右ローの連打から左右のフックで攻めるKING強介に対しそれを下がることなく受け返す辻出。 勝敗を分けたのはラウンド後半に辻出の左膝がカウンターで決まりKING強介の手数が減ったあたりか…。 ジャッジは3者とも10-9で辻出が第2代関西最強60kg級王者となった。


▼第8試合 セミファイナル
関西最強 65kg王座挑戦者決定戦 3分3R (延長1分)
× 龍啓(国士会館)
○ 憂也(魁塾)
判定0-0(30-30/30-30/30-30)
延長判定1-2(9-10/9-10/10-9)
※憂也が山口裕人とのタイトルマッチ挑戦権獲得(2・10 アゼリア大正)
DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13
 
セミファイナルは65kgチャンピオン山口裕人への挑戦権を掛けて国士会館の龍啓と魁塾の憂也が激突した。 両選手の師匠は昨年と一昨年のK-1日本王者の名城裕司と長島☆自演乙☆雄一郎という因縁の対決となった。 憂也の右ハイキックで試合はスタートしたが、KO率の高い両者のため慎重な滑り出しとなった。 龍啓がパンチで中に入ろうとするのを憂也が前蹴りと左ミドルでストップさせる展開が続く。 お互い決め手が無いまま本戦は30対30のドロー。 マストシステムの延長も展開は変わらず主導権を握って戦った憂也が2対1で山口裕人への挑戦権を獲得した。


DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13

DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13 DEEP☆KICK13


▼第7試合 -62kg契約 3分3R
○ 池上孝二(及川道場)
× 上杉文博(究道会館)
判定2-0(30-29/30-28/30-30)

▼第6試合 -60kg契約 3分3R
× 吉野 繁(Team Freestyle)
〇 山口侑馬(MA・多田ジム山口道場)
2R 1'33" TKO 吉野 1Rダウン1回、2Rダウン3回

▼第5試合 -65kg契約 3分3R
× ケイスケ(頂上会テアゲネス)
〇 藤阪弘樹(M-FACTORY)
3R 1'42" TKO ケイスケ1Rダウン1回
※3R 藤阪のパンチ有効打による顔面カットでドクターストップ

▼第4試合 55kg契約 3分3R
〇 TARO(月心会)
× 植山征紀(龍生塾)
判定3-0(30-27/30-27/30-26)

▼第3試合 85kg契約 3分3R
○ 小西雅仁(正道会館)
× 兼田祐任(誠剛館)
判定3-0(30-27/30-27/30-28)

▼第2試合 63kg契約 3分3R
〇 久井淳平(MA・多田ジム)
× ドン大西(NJKF・誠至会)
3R 2'30"TKO 3ダウン

▼第1試合 57kg契約 3分3R
× 辻村虎之助(誠輪館)
○ ハト胸むな男(Team Freestyle)
判定0-3(26-30/26-30/26-30)辻村 2Rと3R ダウン1回


▼オープニングファイト

NEXT☆LEVEL 55kg契約タイトルマッチ 2分3R
○ 森下翔陸(CRAZY WOLF /王者)
× 二条 司(NJKF・健心塾 /挑戦者)
判定3-0(30-29/30-29/30-28)
〈お問い合せ〉
大阪DEEP事務局
06-6632-5366
(株式会社フリークス内)

〈主催〉
DEEP☆KICK実行委員会
← もどる

ナビゲーション

TOP