本文へスキップ

大会結果RESULT

DEEP☆KICK 18

DEEP☆KICK18
TERESA presents DEEP☆KICK 18

2013年12月15日(日)
ナスキーホール・梅田
OPEN17:00/START 17:30
DEEP☆KICK18

▼第11試合 メインイベント DEEP☆KICK 65kg級王者決定戦
○憂也(魁塾/DEEP☆KICK 1位)
×藤阪弘樹(M-FACTORY/DEEP☆KICK 2位)
判定3-0(30-28/30-28/30-27)
※憂也が65kg級新王者に
DEEP☆KICK18

12月15日(日)ナスキーホール・梅田で開催された「DEEP☆KICK 18」で初代王者山口裕人(多田ジム山口道場)が返上したベルトを賭けて憂也(魁塾)と藤阪弘樹(M-FACTORY)が争った。
1R、スロースターターの憂也が短期決戦を望んだのかパンチを中心に前に出る。藤阪も蹴りで反撃するが憂也のプレッシャーが強く後ろへ下がってしまうシーンが多く見られた。
憂也は強烈な前蹴りと膝蹴りで攻め続ける。

2Rになっても憂也が前に出る攻撃は続く、コーナーに追い詰めてショートのパンチを打ち続け藤阪をグラつかせた。

DEEP☆KICK18

3Rに入り藤阪もベテランの意地でテンカオと左ミドルキックで憂也の攻撃を封じようとするが憂也も負けじとパンチと飛び膝で応戦。
終了間際にはリング中央で足を止めての打ち合いが続く中ゴングが鳴らされた。
常にアグレッシブに戦った憂也が藤阪を押さえて第二代DEEP☆KICK65kg級王者のベルトを巻いた。

DEEP☆KICK18

試合後のインタビューでは「本当に勝てて良かった。藤阪選手は戦い方が非常に上手い選手なので後半までイーブンでいくと3Rで巻き返しが来ると思い早めに仕掛けました。やはり3Rになってから何発かいやらしい攻撃をしかけてきました。でも、長島さんが帰って来てくれて試合前のスパーリングをしてもらっていたので、どんなパンチが来ても効かなかった。これからも頑張って東京のベルトも狙っていきたいです。」と豊富を語った。

DEEP☆KICK18 DEEP☆KICK18


▼第10試合 セミファイナル 55kg契約
○ 中務幸信(多田ジム/DEEP☆KICK 2位)
× 内藤大樹(ARES)
判定3-0(29-27/29-27/29-27)
DEEP☆KICK18

55kg級1位の中務幸信がシュートボクシング協会からの刺客の内藤大樹が激突した。
1R、内藤がショートでジャブを当てていき、それに中務が大振りのフックで反撃する。ガードしたグローブの上からでも効きそうなパンチに内藤はガッチリブロックしてミドルキックを返す一進一退の攻防が続く。
2Rは先程の攻防が嘘のようにお互い手が出ず見合う展開が続き、レフリーから双方にネガティブファイトによる注意が再三出される。
3Rに入ると内藤のミドルキックが中務のボディを突き刺す。中務もパンチで応戦する。内藤はガードを固めて前に出ていく。中務が強引に打った右フックが内藤のテンプルにヒットしダウンを奪う。最後にダウンを奪った中務が判定3-0でシュートボクシングからの刺客を退けた。


▼第9試合 55kg契約
× 中川幸樹(魁塾/DEEP☆KICK 4位)
○ 鈴木真彦(翔拳塾/DEEP☆KICK 6位)
判定0-3(29-30/29-30/28-30)
DEEP☆KICK18

デビューから3連勝中の鈴木真彦をランキング4位の中川幸樹が迎え撃つ形となった。
鈴木はジュニア時代にTOP☆RUNのチャンピオンになり関西の若手成長株NO1と呼ばれている。
1R
先に仕掛けたのは鈴木の方だった。
リーチの長さを利用して速射砲の様なジャブを連打する。
中川はジャブに合わせてのローキックで応戦する。
パンチの打ち合いになると中川が嫌がって距離をとる形で1Rを終える。

2Rになると鈴木が飛び膝などを出して前に出て行く。
中川はセコンドの指示でローキックを執拗に蹴っていく。

3Rではお互いに気持ちで前に出てくる。
中川がコーナーに詰めると、すぐに鈴木も反撃して中川をにロープを背負わしての連打を返す。
一進一退の攻防だったがヒットポイントの多かった鈴木が接戦を制して4連勝を飾った。


▼第8試合 61.5kg契約
× 是枝修平(Team Free Style/DEEP☆KICK 60kg級6位) 
○ 佐曽利スコーピオン謙太(WATANABEGYM/DEEP☆KICK 60kg級7位)
TKO 1R 1'27" ※右インローキック
DEEP☆KICK18


▼第7試合 63kg契約 
○ AKIRA(誠至会/DEEP☆KICK 65kg級5位)
× 矢野浩司(OZMOSIS)
判定2-0(30-28/29-28/28-28)
DEEP☆KICK18


▼第6試合 58kg契約 
○ 南野卓幸(隆拳塾)
× 泉 達也(京賀塾)
判定3-0(30-25/30-25/30-25)
DEEP☆KICK18


▼第5試合 71kg契約 
△ こうた(武心会)
△ 鹿津シンジ(月心会)
判定1-1(30-29/29-30/29-29)
DEEP☆KICK18


▼第4試合 65kg契約 
○ 西尾宗哲(多田ジム)
× PACKER玲央(ARENA)
判定3-0(30-29/30-28/30-28)
DEEP☆KICK18


▼第3試合 55kg契約 
○ ハト胸むな男(Team Free Style)
× 横野 洋(アンカ−キッボクシングジム)
判定3-0(30-28/30-28/30-27)
DEEP☆KICK18


▼第2試合 55kg契約 
○ 殿(心将塾) 
× 森下翔平(M-BLOW)
TKO 1R 1'32" ※右フック
DEEP☆KICK18


▼第1試合 63kg契約 
× 岡本祐毅(Team Free Style)
○ 中辻清貴(M-BLOW)
判定0-3(28-30/28-30/28-30)
DEEP☆KICK18
〈お問い合せ〉
大阪DEEP事務局
06-6632-5366
(株式会社フリークス内)

〈主催〉
DEEP☆KICK実行委員会
← もどる

ナビゲーション

TOP