本文へスキップ

大会結果RESULT

DEEP☆KICK 7

DEEP☆KICK8
TERESA presents DEEP☆KICK 7
〜70kgトーナメントFINAL〜
2011年7月31日(日)
高石市・アプラホール
OPEN 13:30/START 14:00
DEEP☆KICK8

▼メインイベント(第14試合) 70kgトーナメント決勝戦 3分3R
○ 竹野 蓮(MA・多田ジム山口道場/K-1甲子園2010 -KING OF UNDER 18-ベスト8)
× DAI(NJKF・誠至会/NJKFウェルター級3位)
KO 1R2分19秒 ※右フック
※竹野がトーナメント優勝

▼セミファイナル(第13試合) 59kg契約 3分3R
○ ヨーゲンチャイ・エスジム(タイ/エス/元ラジャダムナンスタジアム認定バンタム級8位)
× 村井義治(理心塾)
判定2−0 ※29−29、30−28、30−27

▼セミファイナル(第12試合) 62kg契約 3分3R
○ 山口裕人(MA・多田ジム山口道場)
× 龍啓(国士会館)
判定2−0 ※27−27、28−26、28−27
※2R、龍啓は左フックと右フックで、山口はパンチ連打でダウン

▼第11試合 63kg契約 3分3R
○ ケイスケ(頂上会テアゲネス)
× KAZUYA(MMA誠至会)
判定3−0 ※30−26、30−27、30−28
※3R、KAZUYAに膠着行為と組み付きでそれぞれ減点1

▼第10試合 58kg契約 3分3R
○ 吉野 繁(TeamFreeStyle)
× 林 眞平(魁塾)
KO 1R2分49秒 ※3ノックダウン
※林はヒザ蹴り、ヒザ蹴り、前蹴りでダウン

▼第9試合 58kg契約 3分3R
○福田祐介(PLACE-K)
×嶋田昌洋(志真會館)
判定2−0 ※30−30、30−29、30−29

▼第8試合 100kg契約 3分3R
○ 白神昌志(NJKF・拳之会)
× ゴリ・セノオ(月心会)
KO 1R40秒 ※パンチ連打
※1R、ゴリはパンチ連打でダウン

▼第7試合 63kg契約 3分3R
○ 憂也(魁塾)
× 増下智也(日進会館)
KO 1R1分49秒 ※パンチ連打

▼第6試合 56kg契約 3分3R
○ 大樹(NJKF・ARENA)
× 中務幸信(多田)
判定3−0 ※三者とも28−26
※大樹は1R、左フックでダウン。中務は2Rに左フック、3Rにパンチ連打でダウン

▼第5試合 59kg契約 3分3R
○ 藤井基文(月心会)
× 石井宏和(京賀塾)
判定3−0 ※30−29、30−29、30−28

▼第4試合 56kg契約 3分3R
○ 中川幸樹(魁塾)
× KING京介(ロイヤルキングス)
2R終了負傷判定2−1 ※19−18、18−19、19−18
※3R、バッティングでKING京介がカットし、続行不能に。2R、組み付きで両者に減点1

▼第3試合 70kgトーナメント準決勝 第2試合 3分3R
○ DAI(NJKF・誠至会/NJKFウェルター級3位)
× 近藤大成(大成会館)
判定3−0 ※三者とも30−29

▼第2試合 70kgトーナメント準決勝 第1試合 3分3R
○ 竹野 蓮(MA・多田ジム山口道場/K-1甲子園2010 -KING OF UNDER 18-ベスト8)
× 拳心(侍)
KO 2R1分 ※左ハイ

▼第1試合 70kgトーナメントリザーブファイト 3分3R
○ ほそえとしひろ(志真會館)
× 康 信博(誠空会)
判定3−0 ※30−29、30−29、29−28


オープニングファイト

▼OP第4試合 TOP☆RUN一般65kg以下王座決定戦 2分3R
○ 松原覚得(NJKF・誠至会)
× 中川典久(BLA-FREY)
本戦判定は30(松原)−29、30−30、30−30
延長判定3−0 ※三者とも10−9
※松原が新王者に

▼OP第3試合 TOP☆RUN50kg以下タイトルマッチ 2分3R
○ 鈴木真彦(翔拳塾)
× 生川龍星(魁塾)
判定3−0 ※30−29、30−28、30−28
※生川が防衛に失敗、鈴木が新王者に

▼OP第2試合 TOP☆RUN35kg以下タイトルマッチ 2分3R
○ 黒田勇斗(隆拳塾)
× 政所 椋(魁塾)
判定3−0 ※30−28、30−27、30−26
※2R、政所はヒザでダウン。黒田が防衛

▼OP第1試合 NEXTLEVEL45kg以下 大阪対岡山 2分2R
○ 平野凌我(NJKF・拳之会)
× 山田有佑(魁塾)
判定3−0 ※三者とも20−19
〈お問い合せ〉
大阪DEEP事務局
06-6632-5366
(株式会社フリークス内)

〈主催〉
DEEP☆KICK実行委員会
← もどる

ナビゲーション

TOP